女性

シワ改善や小顔効果

カウンセリング

女性に人気のプチ整形

ボトックスとはボツリヌス菌から抽出したたんぱく質を薬として加工したもので、美容整形では表情シワが出やすい眉間や目じりなどのシワ改善などに使用されています。また、エラに注射することで、小顔効果も期待できます。ボトックス注射は多汗症治療にも使用されており、汗腺の働きを抑えることができるので汗のニオイなどを緩和することもできます。もともとボトックスは顔面痙攣や脳梗塞の後遺症による手足のつっぱりの治療薬として医療の分野で活用されてきました。ボトックスには筋弛緩作用があり、筋肉に注射することで筋肉の収縮を抑えることができます。この筋肉を麻痺させる作用を利用することで、小顔や表情シワの改善に効果があるとされています。老け顔の要因のひとつである顔のシワは、表情筋の収縮によって生じます。ボトックスをシワのある場所に注入することで筋肉が弛緩し、まわりの皮膚を伸ばしてシワを目立たなくしたり、シワが生じにくい状態を保ったりする働きがあります。食べ物を咬む咬筋が発達している方はエラが張っており、大きな顔に見えてしまうことがあります。ボトックスを咬筋に注入することで、次第に筋肉が小さくなりエラの張りが目立たなくなります。ボトックス注射は手頃な費用で施術できることや施術時間が短いという理由から、若い女性の間で注目されているプチ整形です。また、メスを使わない治療なので、体への負担が少ないことがメリットとなっています。ただ、ボトックス治療は即効性がなく、効果が実感できるまでに多少時間がかかります。また、ボトックスによる効果の持続期間は個人差によりますが3か月〜半年ほどで、時間の経過に伴い効果がなくなっていきます。効果を持続させたい場合は、定期的に注入治療を続けていく必要があります。ボトックスは厚生労働省にも認可されている安全性の高い薬ですが、副作用が起こる可能性もあります。ボトックス副作用は注射部分の傷みや腫れ、内出血など注射時によく見られる症状のほか、頭痛や表情のこわばりなどが報告されています。まれにめまいや吐き気などの症状やアナフィラキシーショックを起こすケースもあります。ボトックス副作用のほとんどが経験不足や知識不足などの医師の技量によるものです。ボトックスを注入する位置や量が不適切だと、口角が上がりにくくなるなど表情筋が上手く働かなくなり、不自然な表情になってしまうケースがあります。また、目のまわりの筋肉に注入すると、まぶたや眉毛が垂れ下がる眼瞼下垂という症状が起こる可能性があります。美容クリニックの中には安価な正規品でない薬剤を使用しているケースもあるので、施術費用が安すぎるクリニックは避けるようにしましょう。また、ボトックス治療は胎児や乳児への影響の可能性が考えられるため、妊娠中や授乳中の女性は施術を受けることができません。クリニックでは女性だけでなく男性も注射後2〜4か月は避妊するよう指導されています。施術を受ける前は、ボトックス副作用が起こるリスクを知っておくことが重要です。ボトックス治療の経験が豊富な医師と十分相談した上で施術を行うことが、ボトックス副作用を回避する近道になります。